So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

あんたのいいとこってなに [ライフ]

こんばんはー。
ややこです。










Coccoのザンサイアンがさいきんまたキています。たまらんぜ。


絶つこともできないんだから勃たせることもできないまま
断つこともできないんだから勃たせるなんて至難の業


いいなあここ。「暗黙情事」のなかの一節だったかな。ここほんといいなあ。漢字が一部違うかもしれんが・・・

実際には勃たせるほうが簡単だと想うが、それはわたしの体がまだ若いからだ。
年をとることを畏れる女がいるように、逆にはやく年をとりたい女も多いと想う。
わたしは子供を産んだらはやく老いたい。オバサンと呼ばれるポジションにおちつきたい。
わたしは若い女に要求される可愛らしさとか初々しさのようなものからおよそかけ離れた女だから、そういうものを期待しているひとの期待に応えられないことがひどく申し訳なく感じるときもある。
わたしは夜の仕事とかできないんだろうな。こういった可愛げがないからお客さんにも先輩にも可愛がられないだろう。ああいうところのヒエラルキーではいちばん下だ、おそらく。






3月のライオンの9巻が出てて即買いしました。大好きな漫画。いまのところ全部の巻を集めている(奇跡)。
あと全部集めてるのは、溺れるナイフだけだな。はやく新刊でないかな溺れるナイフ。そろそろかな。




まだ日付がかわっておらんのですね。なんかきょうは時間の流れをゆっくりに感じる日です。




さいきんお酒が残るようになりました。今度からはウコンかな・・・ついにウコンの世話になるときがきたかな・・・←
もともと徹夜は苦手ですが、徹夜して1時間くらい寝て朝から1日バイト、というのを去年はなんとかできてたんですが、もうさいきんは無理です。いろいろつらくてからだがもちません。働けません。←












今月はZipper買おうかなあ。表紙は可愛かった。付録も無いし買おうかな。

Popteen、迷いながらも今月も買いました。内容は、まあ、普通・・・?いきなり○印の特集しだしたのにはビビリましたが。いくら積んだんだよ○印。←
まあ、この雑誌が売れん時代にお金くれたらそりゃ特集の1ページや2ページ組むよな・・・とか裏の思惑をヒシヒシと感じつつ、読み飛ばしていました。←
Popもたいへんだ。













さいきんおおたうにちゃんのチェリーコークばっかり読んでます。あとうにっき。
すきなんだもん、うにちゃん!Zipperの楽しみの半分はうにちゃんのチェリー!(まじかよ)

ヤフオクでガンガン落札してます。大好きだからね!



あとさいきんまた江國さん熱燃え上がっててきょうも2冊買ってしまいました。間宮兄弟と左岸の下。ああああちょうちんそで読みたいなああああああああああ。ハードカバーってのがまた・・・たっけえよなあ・・・・でも文庫になるまで待てないんだよね、さいきん。読書の秋も手伝ってるのだろうか。
・・・・・・・・いや、わたしは年中無休で本を読みたいから、あんまかんけいないかもしれん。←



わたしの子供もきっと本好きになるんだろうな。
図書館にたくさん連れて行ってあげよう。もし行きたがったらだけど。
本も買ってあげよう。たくさん。ほしがったらだけど。

















それじゃー、また。



何も知らない何も言わないってわらう [音楽]

こんばんはー。
ややこです。







いまみたいライブは、クリープハイプと空想委員会とつしまみれ!と、なんかサブカル女子くさい顔ぶれ。ちょっとめずらしいバンドすきなアタシかっこいいでしょ?なかんじがプンプンする。だからだれにも言わない。コッソリいく。←
ここで在日ファンクとかキノコホテルとか言い出したら、ますますサブカル感倍増。でもわたしはサブカル感の薄い女。
だって本気でぜんぶCD聴いてたりするかんじですきなのは、椎名林檎とかCoccoとかの、まあ俗に言う(?)メンヘラ系。もしもここに鬼束ちひろまで入ってきちゃったらいよいよメンヘラくさい。でもまあ鬼束ちひろは普通くらい。アルバムも一枚しか知らないし。
アルバムほぼ制覇しててなおかつライブまでいくのは林檎さんCoccoを除けばB'zくらい。B'zはいいよなー。たまらんわー。今年のライブも素敵でした・・・(うっとり)



本日はクリープハイプの『社会の窓』がささりまくりです。Youtubeでは途中までしかきけないんだよなー。余計なお世話だよバーカ、はきけないのだ。なぜだ。ここで気にならせてCD買わせる作戦か。巧いな。買いたくなったわ。←

その瞬間にあのバンドは終わった、がすごいいいなーー。ファン心理をうまく突いてる。あんまりメジャーじゃないバンドを応援してたひとって、メジャーになったとたんよくこういう感覚に陥るような気がする。メジャーデビューして、売れてなんぼの商業音楽の世界に身を置いたなら、売れ線の曲書いて売れるようにするのはとーぜんなように想えるけども。それでメシ食ってかなきゃいかんのだから。B'zとかすきだとそのへんになんの嫌悪感もない。売れる曲書けるってめちゃくちゃカッコいいことだと想うのだが。自己満足のオナニー曲なんかだれでも書ける。でももちろんそういう曲には型にはまらんっていうよさがあるけど、求められるものを踏まえただれにでもウケる曲を書き続けられるほうがよっぽど稀有なきがする。B'zはバケモノだー。



B'z礼賛はこのへんにして、お次は空想委員会。
なんか「ジミなふり」なかんじがいいです。本気で暗いやつじゃないかんじ。本気で暗かったらあんなふうに外側から見れない気が・・・完全犯罪少女(?)がすきですね。わるいおんなですよここに出てくるおんなは。手練手管というやつをしっているな!ホステスさんになれば売れそう。
自分にだけ弱いところを見せてる、って男に思わせるやりくちは大したものです。あっぱれ。
独占禁止法もおもしろいな。高校時代のみえざるヒエラルキーを思い出させられるぜ。





つしまみれ見たいんだけどやっぱ東京でライブが多いようだ。東京まで出て行くしかないか・・・!名古屋にきてー!
なんかつしまみれは女の子と見に行きたいですね。だれかといくなら。
でもひとりがいちばんいいかも。すきかってに盛り上がっておわったらすぐかえるっていうのが、つしまみれにはあいそう。だれかといっしょにいくとそうはいかないですものね。















バイト終りにピルクル(500ml)のんだらきゅうにのどがいたくなりました。風邪か。こまるな。いがいがいがいがいがいがしています。いたいよう。

水族館にいきたい。夢をみたい。なんだかねむたい。

ねようかな。


おやすみなさい。


最低な君を忘れない おもちゃの指輪もはずさない [怒り]

こんばんはー。
ややこです。








顔の左半分が荒れてしまって困っています。さいきん多い。なぜか左半分だけっていう。
なんか「うにっき」でうにちゃんが書いてたんだけど、お肌は一ヶ月単位でうまれかわるので、今出てる肌は一ヶ月前のものらしい。
一ヶ月前か・・・そういや、いろいろごたごたしてたな、にんげんかんけい。・・・そのせいかこの肌荒れは!!
いっくらすぐ化粧落としても保湿してもはたまた化粧しなくても、一向に回復のきざしがない我が顔面(左半分)。
頑固だなー。早く寝てるのにー。0時には寝てるのにー。もー。
右はなめらかなのになー。おかしいな。

どうでもいいですが、顔の産毛を剃るのにはまっています(謎ブーム)。
意外と頬のあたりとか生えてるもんですね。自然光のもとで見ると、それが顕著で・・・やっぱエステとかいくべき?それか手始めにチョコラBBを買ってみるべき?おしえてホットペッパービューティー!←


男がいないほうが女は長生きするんだって。男ってなんだかんだでわがままでいつまでたっても子供で、女は無意識にストレスを受けてるんだってー。だから夫に先立たれた女はけっこう長生きする傾向にあるらしい。そんな殺伐とした事実を耳にして、じゃっかんの戦慄。
まあ、いまものすごーーーーくそれを身にしみて実感しているんですけども。男って身勝手で青くてダサくてしょーもないことしでかして平然としてるやつが多い恋人に対して。ちゃんとしろボケ。親しき仲にも礼儀ありじゃ(座右の銘)。
わたしの顔面左半分大荒れ問題も、すくなからず『ヤツ』がかんけいしている!と断言できる!たぶん!←

わたしを好きになるような奇特男子は、ぜんいん兄弟構成がみごとに弟の男ばっかりで、そいつら全員甘ったれとる。わたしも甘えたいんですけど!!(絶叫)
ちがうの、兄とか姉の恋人に対する「甘える」とは質がちがうの。やつらは、いままで上の子とかお母さんとかにいろいろなこと(家ではなんもしなーい、とか、ひとのお菓子食べちゃうとか)を許してもらえてたから、「全面的に委ねてくる甘え」をしてくるの!!!!!もー!!そーいうの!!無!!!理!!!自分でやれ!!!!あたしだって自分のことでせいいっぱいだわ!!!!!あまえんなあああああああ!!!!(大絶叫)

ほんと腹立つ。女なめてる。いちばんこわいのは女なのに、そのへんに気付いてないのが幸福だ。

ていうかね、おんな兄弟がいるよーな男は、「おれは女の怖さを知ってる」みたいにしたり顔でいうけど、女の怖さなんて、そんなふうに目に見えたりテレビや雑誌で語られるレベルの話じゃねーからな(断言)。ことばにできないの。表面だけみてわかってよーなきになってるだけ。
おまえらには一生わかんねーよ、女の底知れない怖さのありようとか、どんなに面倒で複雑な思考回路と建前と姥皮を駆使してるかなんてな!!なぜならおめーらは「男」で、「男社会」で生きてるからだ!!女には女社会ってのがあるんだ、それは一生わからないの、女が男社会を理解できないよーにな!








男に対する怒りを、大爆発☆させております。なんなんだ。フェミニストなのか。アンチ柔肌なのか。アンニュイ(意味不明)。

いや、んなことない。とりあえず、男はすきだけど、あんまり近づいてほしくないや、こころのなかには。
そんなこと言い出したら、べつにそこに性差はないかもしれない。でも、男に近づかれて、踏み荒らされたときのほうが、傷は深い。から、いれたくない。
わたしはひとを見る目がないからな。いれていいか悪いかの判断が下手だから。














あーなんかカプセルの薬がのみたいです(謎)。リングルアイビーとか。

それじゃー、また。

女の人はとても素晴らしい でもヘンな子もいるよね [ライフ]

こんにちはー。
ややこです。














おおたうにちゃんの「チェリーコーク bottle2」を、こないだ行った遠いほうの本屋(車で20分)で超偶然発見し、所持金1080円にてまさかのお買い上げ(注:チェリーの値段1300円ちょい)(※つまり姉に借金)。

すきなんだよなー、うにちゃんのチェリー。Zipperを買う楽しみのひとつでございます。さいきん買ってないけど。いらん付録のときはむだに高いから買わない(邪道)。さいきんPopteenもあんまりおもしろくなくなっちゃってつまんない。モデルちゃんとかっていうより企画がつまらん。中学生と美容にページ割きすぎな気がする。そこまでおもねらんでも・・・わからん。これがアンケートとかに寄り添った結果なの・・・?(誰)

わたしが単に年を食っただけなのか。もう20代だしな。ポップの狙ってる購読層からは外れておるのやもしれん。
でもポップがいちばんおもしろかったんだよー・・・なのに、今年入ってからあんまおもしろくなくなったんだよー。まだ買ってるけど・・・

ならばなにを買ったらいいのか?miniとか?SEDAとか?昔買ってたけど・・・情報量が少ないんだもん!
あと同じギャル雑誌でも、ポップがいちばん品がいい気がする。ポップは誌面上で、セックスの話とかおおっぴらにしないし。女子高生がセックスがどーのとかあけすけに話してるのはちょっと・・・わたしそのへん貞淑なもんで・・・(嘘)













ことしの夏は、

友達があきらかにわたしの影響でわたしよりもへヴィに煙草をすうようになってしまい、あんなものをためしにすわせたことに後悔を募らせたり、はじめて酒のせいで(かろうじて便器に向かって)吐いたり、ことしもペーパー免許で夏が終わったことに後悔を募らせたり(二回目)、ことしのクリスマスは、自分用にヴィヴィアンのなんかしら(カーディガンかネックレス)を買おうといまから貯金してみたり、

そんな夏でした。

あとはいろいろ予定外予想外のことがあってびっくりしたりな。









結婚したいものです。理想は社会人になって3年目に。みんなそう考えてんだろーなー。
同棲は絶対に嫌。結婚するまえに男と暮らすのはわたしのなかでは絶対的にノーです。結婚しなくなっちゃう。縁遠くなる。
結婚する男と、結婚してからのみ、わたしは男と暮らす。江國香織の本に出てくる女みたいにはなれない、わたしは。どんだけ憧れてもなれない。あんなふうには生きられない。わたしはもっと狭量で窮屈なおんなだ。あんなふうにのびやかではいられないし、確固たる自分も持ちえない。
わたしは憧れていた。ああいう女たちに。でも無理なのだ。ああはなりえない。
わたしがああいう女たちのようにできることといえば、恋人ではない男と寝ることくらいだ。それだけははっきりしている。セックスは限りなく無個性だ。ことわたしに限っては。


恋愛にくるうのはいまだけだ。
若いうちに、法的にどの男のものでもないうちに、くるっておいたほうがいいのだと想う。
とりかえしがつかないことをしたくない。つまり、家庭に入ってから恋愛にくるうなどということは。
それはずっとずっと考えていた。わたしはとりかえしのつかないことが苦手だ。茶碗を割ったりとかジュースをこぼすとか、そんな程度でも、怖気がたつほど苦手だ。もとにもどらないこと。それは、恐怖でしかない。



わたしは、最低ラインをクリアしている男なら、だれと結婚してもいいのだと想う。わたしが絶対的に嫌な条件だけを挙げて、それらをすべて、持っていなければ、その男は合格。生活できる。

そういう結婚が、あってもいいと想う。わたしは、いままでたくさんの男をすきになったけれど、みんなそれぞれにわたしのたりないものを埋めてくれていた。だから、つまりそういうことだ。恋をし続けることは難しいが、愛し続けることはそんなに難しくない。

















はやく大人になりたいな。
ずっと想っていたけど、いまも想う。



それじゃー、また。

プールに溺れる黒髪を。 [ライフ]

こんばんはー。
ややこです。






今年の夏も、プールに行かずじまいでおわりそう・・・・(遠い目)
体型はもはや諦念の極みに到達したためどうでもいいが、問題はである。
毛関係が無問題ならわたしだって臆面もなく水着姿になろう。腹ぽっこりで太腿がぱんぱんであろうとも!←

泳ぐのすきなんだけどなー。近くにプールがないというのも問題であろう。ある程度近場のプールは公共交通機関を使ってのアクセスが悪い(←車に乗れ)(ド☆ペーパー)。










わたしがいまいちばんほしいものは、パンテーンの青いトリートメントウォーターみたいなやつ。朝にやるといいよー☆みたいな。


パーマかけたい。毛先くるくるになるやつ!でもなー、パーマって飽きるらしいしなー(うにちゃん情報)。黒髪パーマって毛先だけだとどことなく野暮ったいしなー。くるくるにしたいならそんときだけ巻けばいいのでわ・・・でも襟足とか巻きにくいしー、ていうかー、ややこはー、パーマかけたことないからー、かけてみたいなー、的な?☆(バカのしゃべり方)

しかしただでさえひどいくせっけのわたしの前髪は現在、リペア(縮毛矯正のことだヨ☆←)+ブリーチ+カラーというまさに三重苦を背負っているため、傷みにかけては筋金入り。ただでさえリペアだけで傷んでるのに・・・ごめんよわたしの前髪。うらむなら、天パの遺伝子をうらめ(両親ともにすんごいくせっけ)。


前髪はストレート!を死守したいため、かけるなら襟足とかがいーんだけど・・・着る服限られてきそうだしなー、イメージがかたまって。パンクとか似合わなくなりそうだし・・・うがーなーやーむー。



まあ、のばしっぱなしが無難なのはわかってるんだけどね、そっちのが安上がりだし・・・でも美容院いきたーい!
ひさびさに髪の毛をのばそうとして、がんばっているのですよ!つーかさー、もーまじで、黒髪ストレートに生まれたかったなーーーーあーーーー(永遠の憧れ)
わたしが念願の黒髪ストレートになるためには、膨大なる金の力が必要になる(哀)。
黒髪大好き!なわたしであるが、このくせっけには悩まされっぱなしである。ほんとは前髪だけじゃなくてぜーんぶリペアかけたいんだけどさ・・・・なんせお金ないから。前髪よりは後ろ髪のほうがましなの、くせの強さが。だからのばして、重力でなんとか・・・←



3ヶ月に1回の美容院を、2ヶ月に1回にするだけの収入を得たい・・・
だからこそ、多少の無茶(ex)朝まで飲んで夜までバイト☆とか)もするのである。この先さらに体力が衰えるのであろうから、まだ動けるうちに・・・(注:老人の考え方)

服も、ひと月に1万くらいは買いたいのだ。まあまず実行できてないけど。スカラーの服毎月1枚とかほしーよ。ワンピースほしいよ!(絶叫)


ARROWにいきたいー。ARROWでほしいものあったのー。ていうか諦めてたワンピースが、いつもいくのと別の店舗に残っててねー。あーでも、もうなくなってんだろーなー・・・・しょんぼりぼりぼりわかってくれーるー♪ぼくのなやみわかってくれるー♪(絶唱)














あしたもバイト。
さいきんバイトがなんとなく楽しいです。新しいひととか入ってきてね。わたしはひとになにかを教えるのがすき(注:勉強以外)なので、よろこんで教えています。たのしいなー。






それじゃー、また。

美人局 [ライフ]

こんばんはー。
ややこです。








さいきんYoutubeが視聴できなくてジレンマです。スガシカオとかガーネットクロウとかクリープハイプとか聴きたいのにのーう。




おおたうにさんの本がすきで、「うにっき」シリーズ(ほぼ全部)やチェリーコーク、乙女の教科書、トーキョーガールのおめかしデイト、ウニノコトノハなどを持っています。すげー読み返してるの。ほかの本よりダントツ。このひとの本の読み返し数に勝てるのは、江國香織作品だけだろう。またさいきん江國香織熱もあがってきていて。ホリーガーデンを読めば、まさに、「わたしがいいたかったのはこれだ!」というせりふを果歩が言っていることに気付くわ、落下する夕方を読めば、まさに主人公(名前を度忘れ)の心境が、「わたしのいまの心境だ!」であることに気付き。オドロキであります。



ホリーガーデンのほうはね、静枝と果歩というふたりの女性がでてくるのだけど、このふたりは、幼いときから社会人になったいまでも仲が続いているふたりでね、静枝はまっとうというか、堅物な女で、浮気なんてもってのほかで、「肉体関係」というものを一般的な多くの女と同じように、まあかなり重く捉えていて、恋人以外の男とは寝ない。そして、大学の友達といまでも親しくしている。果歩はちゃらんぽらんというか、のんしゃらんとしていて、ゆるくて、美人で、近付いてきた男と寝ることもある(恋人でなくても)。女に嫌われている。


静枝は、あるとき、果歩が恋人でない男と寝たりするのをよくないと言った。そのとき果歩が言い放ったせりふこそが、わたしの価値観とずばり一致していたのだ。

「でもね、精神的なおともだちのほうが、すごーくいやらしいと思う。信じられないくらいよ。それに比べたら、寝ることなんてなんでもないと思う。」

いま手許に本がないので、ちょっと違うかもしれないけど、果歩は、こういうことを言ったのだ。わたしもそう想っていた。ずっと。ずっと。
だから、わたしの男がほかの女と寝ることよりも、男がほかの女を「友人だから」というかくも美しいことばでくくることとか、その「友人」である女と食事をすることのほうが、よほど嫌だった。だって寝ることなんて、だれとでもできるではないか。セックスなんて、限りなく無個性だ。「そのひとでなくてはならない」なんてことはない。
でも「友人」は、「そのひとでなければならない」のだ。そのほうがよっぽどいやらしいし、腹立たしい。


一般的な女なら、ほかの女と寝たことに怒り狂うのかもしれないが、わたしが怒り狂うとすれば、ほかの女と食事にいくことのほうだろう、と想う。どの女と寝ようが、知ったことじゃない。だれだっていっしょだ。無個性だ。その女でなければならなかったわけじゃない。そう想う。






















かんわきゅうだい。

さいきん食欲が爆発しています。おなかまわりにおにくが。あーでもとけたチーズたべたいなー。グラタンとかにのってるやつ。さけるチーズもたべたいなー。ゆでたまごもたべたいなー。おばあちゃんのからあげもたべたいなー。たきこみごはんたべたいなー。麩饅頭たべたいなー。
秋になるのがおそろしいくらい食欲全開☆です。実家暮らしはこれだから・・・←



でも高校時代にくらべたら、ざっと7キロは落ちているという恐ろしい現実。どんだけふとってたんや・・・たしかに高校の卒業写真はデブスな上に髪型がへんです。←
まあ卒業写真なんて、小中高とぜーんぶ残らずブスだったよ。あれでかわいく写るひとってほんとーーに可愛いんだなと痛感したね。雰囲気美人は残酷に切り捨てる魔の卒業写真。おそろしやおそろしや。



















あしたは雨がやむといいですね。バイトなんだよ・・・(切実)



それじゃー、また。

B'zLIVE-GYM Pleasure2013 in ナゴヤドーム!!! [すきなこと]

こんにちはー!
ややこです!




いってきましたよ!!
5年ぶりのPleasure、B'zのENDLESS SUMMERに!!!
今回は9月1日(日)ナゴヤドームに参戦してきました。最終日!おもえばC'monも2daysの最終日だったわん・・・(たしか)


まず14時すぎに会場に着き、すでにわんさか溢れる人のなかを、グッズ売場にならぶ。
毎度のことながらサクサクと進む列。20分も並ばなかった。サスガB'z、売場大量にあるしなーー。どんどん客を捌いていきます。

ここでわたしは、ツアーTシャツ(黒)(L)、マフラータオル、ハンドタオル、チャリティーブレスレット(黒)を購入し、その全てをソッコー身につける(基本)。

いろんなTシャツ着てたひといたけど、エアロソニックのTシャツ着てたひととかマジうらやまでした。あとスゲー昔のPleasureTシャツ(たしか95年)着てたひととかいて、超年季入ってんなあ・・・と唸る。わたしなぞまだまだひよっこです。周りの年齢層があきらかに一回り以上高い。わたしがいちばんうらやましかったのはもちろん、GLORYDAYSのタオル&Tシャツ。あーやっぱあのグッズがいちばんかわいいよ歴代の中で・・・!!くそー5年前はなんで好きじゃなかったんだ・・・!地元のホールにきたのに・・・!!(号泣)




そのあと、ガチャガチャを2回試み、見事リストバンドを引き当てる(C'monのときは当てれなかった)。紫の稲葉さんのやつ。もういっこは、ENDLESS SUMMERと書かれたクリーム色のちっちゃいバッグでした。
そのリストバンドを右手に嵌め、左手にはチャリティーブレスを巻きつけ、マフラータオルは持参したリストバンド(C'monの黒赤のやつ。←ヤ○オクで落札)で止め、準備万端。








今回は2階席。前回は5階席だったことを思えば、大変な進歩です(?)。


ここから想ったこと箇条書き。


・始まって直後、燃え上がるXXVがカッコよかった・・・!
・稲葉さんは相変わらずイケメンであり、前髪がわたし好みの厚み。←

・ZEROの増田がかっこよすぎてもうわたしは死ねると想った。←
・2曲目でZEROをぶちこんでくるなんてどんな素敵なセトリなのかと。
・例のラップ部分(?)、歌えましたよ、余裕で。←

・私的にガチアガりしたのはNATIVE DANCEのとき。らーいやーいやーいーやーいやいー♪の振り付けを、生でできたああああああああああ!!やば楽しかった。

・そしてさまよえる蒼い弾丸で奇声を上げるややこ(好きすぎて)。

・というよりどの曲もイントロでからだが「しってるー!!!」と反応してなおかつ歌詞がすべて歌えるという、自分でもびっくりのB'z廃人ぶり。←

・ねがいの「HEY!」とかやれて楽しかったなー。合いの手たのしかった。Q&Aとかも。

・Pleasure'13verの歌詞だったね!ききとれなかったけど!

・まさかC'monやるとはおもわなんだ。もちろんサビの「カモン!」は大絶叫。←

・てゆーか!てゆーか!ギリギリChopのタオル回し☆超腕にクる☆←
・でも超たのしかった
・またやりたい

・やっぱultra soulは、「ウルトラソウッ!(ハーイ!)」のハーイ!部分で跳ぶのがめちゃ快感。楽しいねー!おもいっきり跳んだよー!

・「稲:夏といえば、キャンプファイヤーですよ。」強引すぎるw
・「稲:松本さんゆうべはなにを食べましたか?」
 「松:・・・べつに。(エ○カ様風)」wwww
 「稲:(笑)いや、でもなにも食べてないってことはないよね、なんか食べたでしょ?」
 「松:・・・ちょっとだけ(囁き声)」www
・このキャンプファイヤーでのふたりのグダグダぶりにウケた。

・グダグダといえば、たきぎに火がつく瞬間の「ファイヤー!」もグダグダだったw

・それにしてもシェーンは日本語が上手だな
・納豆が好きなシェーン

・「あいかわらずなボクら」を演奏するB'z+サポメン
・稲葉さんと増田以外はギター
・ギター勢以外のふたりがギター巧すぎて笑った。←

・増田の吹いてたカズー(?)みたいなやつ、なんだあれw音にウケた。
・でもうまかった。

・相変わらず稲葉さんのブルースハープはよいのう。










たのしかったなー。うふふ。
帰りにガチャガチャやろ☆と想ったら、最終日だからかわたしの番になるまえに売り切れてしまった・・・残念至極。やっぱ三日あったら中日にいくべきか。こんどからそうします。←





帰りは、諸事情あって大曽根までテクテク歩き、もう限界☆みたいになりながら家路に。←
ハタチ超えただけなのにだいぶ体力が・・・・・・・・スゲー疲れた。高校生のときはそうでもなかったのに・・・・・・・・(遠い目)
着実に年をとっているとゆうことですね、わかります。



こんどやるときはSS席で・・・・それがむりならアリーナで!!!!!(野望)
肉眼で稲葉さんをちゃんと拝みたいよーう!!!!その日まであたしは諦めないヨ!←













それじゃー、また!


こんなにもせかいは [きらきら]

こんばんはー。
ややこです。









きょうひさびさに薬局いったので、そういう系のお話をば。

suisaiのビューティークリアパウダーがほしいです。毛穴にいいらしいじゃないですか。
日光ってすごいよね、アラしか見えない!←
きょう駅のホームで鏡を見たら、あまりのアラ加減にびっくりしました。特に鼻!!毛穴黒ずんでる!!(絶叫)

やっぱりエステにいくべきか・・・?毛穴だけでも・・・プロの力に頼るしかないのか。AHA石鹸に出逢ったときはたしかに黒ずみなくなったけど、でもアレ刺激強くて、わたしの微妙な敏感肌にはダメージもでかい。


そしてパーフェクトホイップ、安かったとき1回買ってみて使ってるけど、泡立ちはまあ、ふつう・・・?みたいな。ロゼットのほうが泡のかたさはすき。チューブじゃなくてプラスチックのまるい箱のやつのがすき。さいきんチューブのほうでは黄色がでたのですね。まだ使ったことない。


洗顔料といえば、ビオレの泡ででてくる洗顔料をきょう買いました。黄色のしっとりするやつ。ふつーのピンクと迷ったけど、ここは黄色でいこうと。「しっとり」というフレーズに弱いややこ(20)。鼻と頬が乾燥しやすいです。はい。




わたしの化粧下地は高校生のときから一貫してビオレの日焼け止めシリーズ(いまは青を愛用中)なのですが、そろそろちゃんとした化粧下地っちゅーのを買ったほうがよいのでしょうか。フレッシェルとか。コフレドールのマイナス5才肌のやつとか。いや、しかしもう少し大人になってからでもいいかな?とほざきなおしてみるややこ(20)(←二回目)。


日焼けどめは年中ぬっています。絶対絶対焼かないひとなのです。でもアームカバーとかはしません。つばの広い帽子もかぶりません。ストールもまきません。日傘はたまにさしますが、じゃまになるのでさいきんはさしません。つまり、ほぼ日焼けどめのみに頼る作戦です、年中。

あ、でもさいきんは、暑くてもUVカット加工のユニクロのカーディガン(黒)を着てでかけることもあります。肌の白いは七難隠すといってね・・・←





わたしがいまいっちばんほしいコスメは、ラヴーシュカのメルティなんたらっていう、5色入りアイシャドウパレットです。赤が入ってるやつがモーレツ!にほしい。めっちゃ可愛いんですよ。きゅんきゅん。
でもただ単に赤がよいのならば、マジョマジョで単色のシャドー買ったほうが早いのではないか・・・?と悩むややこ。いや、マジョマジョの単色シャドーのなかに赤があったかどうかの確認は怠ってるんですけども←


ラヴーシュカって全然うわさきかないけど、発色とかもちとかどうなんだろう・・・あんまり雑誌でも取り上げられてないし、どの世代のいろんなジャンルの雑誌見ても、あんまりモデルとか読者とかのポーチに入ってない気が・・・キャンメイクとかメイベリンはめちゃくちゃ入ってるけど。あとヘレナのマスカラはまんべんなくどの雑誌でもよく見る。
メイク雑誌や編集者やモデルへの売込みが下手なのか、それともほんとに良くないのか、どっちなんだ、ラヴーシュカ。見た目が可愛いから買いたいんだけど・・・←







わたしがいま興味があるのは、まつエク。どーなの、実際!
オイルクレンジングをするととれるというのはマジなのか。じゃあアイシャドウとかぬれないじゃん。ていうかマスカラぬれないやん!(マスカラ&オイクレ大好き派の意見)ポイントリムーバーなら問題ないのか?
そしてまつエクってもちってどうなの?ひと月くらいしかもたなかったり?謎がふくらむ・・・・・・・・・・・・
まつげに1万円とか払うのもどーよ、とか想ってしまう部分もあり・・・・そんなだったらマスカラ新しいの一本ほしいなとか(そうしろ)。


ほしいマスカラは、メイベリンのラッシュニスタとヒョウ柄のやつと、DASODAのと、マジョマジョのキングなんとかマスカラ!(←すごいふさふさになるやつ)
マスカラ大好き。一時期つけまにすんごいはまってて毎日つけてた時期もあったんですが、いまはマスカラに夢中です。マジョマジョでいちばん売れてる、あのコーム状のマスカラ(名前忘れた)をこないだ買ったんですが、やっぱ超優秀。パンダにならない!ちょっとおとしづらいけど、オイルクレンジングでイッパツ。


女っていろいろめんどくさいけど、こういう楽しみがあるときは女ってたのしいなと想いますな。さあ毛穴とムダ毛をなんとかせねば(切実)。







あーペディキュアぬりたいー。
ようやくサンダル買ったので、はきたおしたいと想います。
メイベリンの銀ラメのやつ買ったので、ぬるのが楽しみ。
いつかネイルサロンいきたいなあ・・・・いつか・・・・いつかね・・・・大人になったら・・・・飲食業やめたら・・・




それじゃー、また。



あたしをみないふりしたって意味などないのに [ライフ]

こんばんはー。
ややこです。




いやー。
夏ですね(バカ丸出しの書き出し)。




絶賛バイトまみれです!まみれ繋がりで、タイトルはつしまみれのSex on the beachから拝借!
1週間連続出勤は初。それもほぼ1日じゅうというシフト。しかも明日から週末ですね☆ワオ☆めっちゃ人来る☆(壊れぎみ)

やっぱり、飲食店の正社員にだけは、なれない。しんどさが桁違いすぎる。








更新してなかったあいだに、またも急転直下が起こりまして、ややこは問題の渦中に居すぎて逆に落ち着いてるっていうか?台風の中って意外と穏やからしいよ?みたいな感じです(どんなだよ)。


友人に話せば非難轟々、なにをしているんだおまえはと叱られそうなことをしでかして、平然と生きています。だれにも話していない。またわたしはいばらのみちをすすもうとしていて、わたしを想ってくれている数少ないひとたちはわたしをとめるだろうから、だまっているのです。自分がしていることがただしいのかどうかはわからないけれど、でも、いまのわたしにとっては、それがしあわせなのです。いばらを踏んで歩いていることが。だから、すすもうとしている。また傷だらけになることはわかっているけど、すこしの知恵を身につけたから、前よりはうまく歩けるはずだと信じて、また進んでいこうとしている。
そんな感じです。断じて犯罪行為ではありませんが、犯罪じゃないから厄介だともいえます。明確な善悪の基準がないからね。
























さいきん食欲が戻ってきて、いっぱい食べてます。夜遅くにも食べてます。それでも太らんのは、バイトで動いているおかげか・・・ありがたい(?)




ねむたい。
猛烈にねむたい。
あしたも朝からバイトです。
がんばります。



それじゃー、また。


白いうさぎ 月の下であいましょう [まじめにきまじめ]

こんばんはー。
ややこです。












雨です。




王子さまなんていないことを、わたしはもうしっている。
寂しいときに、ほしいときに、連絡をくれたくらいで、運命づけて惚れてしまうほど、単純ではなくなってしまった。
それがいいことかわるいことかは、わからない。

わたしは、いままでつきあった三人の男を、すきだと思い込んで、その都度うかれ過ごした日々を、後悔はしていない。口にすべきでなかったこと、するべきでなかったことは思い浮かぶけれど、でも、後悔はしない。それも含めてすべてわたしの性格・性質で、その相手との思い出だった。


でもわたしは、返事をまっている。あたらしい男のひとの。
日付を跨ぐまで、きっと返事はこない。
それでもかまわなかった。わたしは単純に返事をまっていた。この男のひとは、わたしを傷つけない。わたしもあの男のひとを傷つけない。それが、どれほど心安いことか、わたしは知っている。男は、いま現在のわたしにとって、近付きすぎてはいけないものだ。遠くから眺め、ある一定の距離をもって、接するべきもの。度をうしなってはいけない。絶対に、傷つく。わたしは傷つくことにも傷つけることにも耐えられるけれど、耐えたくないのだ。いまは。



ふしだらだふまじめだとそしりを受けるかもしれない。別れてまだひと月も経っていないのに、とか。
それでもかまわない、と想う。女はいつだって上書き派なのだ。男のようにフォルダ分け機能は搭載していない。だから苦しいのだ。新しい男を持ってこなければ、いつまでたっても苦しいままだから。はやく上書きしたい。したい。そうでなければ耐えられない。
それでむりやり、白羽の矢を突きたてた。わたしはわたしを軽んじないで、きちんとわたしの相手をしてくれるあたらしい男のひとにやすらぎを覚えている。ただこれは、恋でも愛でもない。それだけはっきりしている。わたしはかまってくれるひとはすきだけれど、ただ、それは恋や愛とはべつものだ、ということを、わたしはもう学んでしまった。それに、男のひとというのは、いわゆる「よその女」には、感じよくふるまう社会的動物だ。だから、それくらいで惚れたり、勘違いはできない。

そして面倒なことに、そのひとは、友人が惚れている男なのだった。まあ、友人が惚れた男だろうが、わたしが好きになってしまったら横からいただいてしまうけれど、いまのところ、そんな兆候はない。
友人が惚れた男を、そうだと知りつつ誑かして、あげく交際してしまったら、わたしは悪い女だと陰で罵られるのだろう。その友人との関係も、芳しくなくなるのだろう。とてもおもしろい、と想う。でも、面倒はきらいだから、すきにならなければ、つきあったりはしないだろう。わたしには悪女の才覚がないのだ。わたしは自分の評判がおちることをおそれているから。




恋愛沙汰は面倒だ。わたしはきょうまた嫉妬に焼かれた。とうに捨てたはずなのに、どうでもいいと想っているはずなのに、ひどくかんたんに嫉妬にとりつかれた。やはりまだ傷は半分生のままだったのだった。塞がるまで、いますこし時間がかかるだろう。それは確信だった。このみっともなさと、対峙するしかない。対峙して、うけいれて、そしてじたばたして、もがいて、その記憶は、経験は、絶対に無駄にはならない。わたしはいまならそう想える。半分だけ傷が塞がったいまなら。





はやく日付が変わればいいのに、と想ったのはひさしぶりだった。わたしは確かに、あたらしい男のひとに救われている。それは、傷を癒すこととは直接的には関係が無いけれど、わたしが他人にとって無価値ではないということを態度で解らせてくれているところに、わたしはこころから感謝している。

はやく日付が変わって、返事をくれたらいいのに。

ただ単純に、そう想う。
まだ、恋にはとどかない。一生とどかないかもしれない。
でもわたしは感謝している。ありがとうといいたい。救われているのだと。














明日が試験最終日。
がんばります色ボケおんな。



それじゃー、また。


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。