So-net無料ブログ作成

ちょっと振り向いてみただけの異邦人 [ライフ]



読んだ本。

クワイエットルームにようこそ 【松尾スズキ】











さいきんの活字不足がついに爆発。



本屋に行っていきなり文庫本4冊イッキ買い!
古本屋へ直行してYOUさんの本と松本さんの本を見つけ即買い!




やっと・・・やっと手に入れたですよ。山田詠美の「無銭優雅」!!



そんでもって、松尾スズキさんの「クワイエットルームにようこそ」(いままで「に」を「へ」にしてました。ごめんなさい)が文庫化されてて!!高速で手にとって無論お買い上げっすよ。

















YOUさんのエッセイ本は、古本にしてはお高めの650円だったけど、YOUさんだから!
あこがれYOUさん。
男だったらつきあいたい。というか付き従うぜ姐さん!!笑

















あの街にいくと帰りたくなくなる。非日常を、いとこと共有して、だけど、あたしは日常に還らなきゃいけない。
いつも悲しくて、せつなくて、早く忘れたくなる。
思い出すと、あのときにもどりたくてもどりたくて気がくるいそうになるから。










いとこと話すのはやっぱりたのしい。
考えかたはちがうけど、そこがいいのかな。
ある程度自我がでることをゆるされるから。





































許されたくて、誰かのそばにいるなんて、傲慢だなあっておもう。許されるのが目的で取り入るのは、ひきょうだ。


あたしは、なにがしたいんだろう。


逃げ回りたくて気がくるっている。




















よかった。
ラストスリーデイズに、バスケやんなくてすむ。
この状態でバスケなんかできない。
したら傷つく。絶対。


バスケしたくない。

怖い。


遅れようがどんけつだろーがなんでもいいよ。
あたしはもうむりだ。
立ち上がれない。
ほんとはいますぐ捨てたい。
バスケなんか忘れたい。










































そんなこと考えてたら、胸がくるしくて過呼吸になりそうになって、焦った。
ふいに起こるから、びっくりした。あわてて堪えた。
バスケしたくない・・・
もうあんなんやだよ。

苦しくてこわかった。


もうあんな想いしたくない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。